天皇杯「FC東京vs駒沢大学」


平出のデビュー戦という事で、注目だった。たぶんなれない左サイド、大竹との連携もほとんど取れていない中で、よくがんばったと思います。

試合は前半、ボランチが相手の長身の選手にハイボールで負け続け、そこから少し危なくなる場面もあった。fc東京は平山への単純なパスが多くなかなか決定機を作れないというもどかしい戦い。

後半に入り、ボランチに徳永が入り、長身選手のつぶしになったし、羽生も入ったことで、パスの出しどころが増えて攻撃がスムーズになる。前半はため息をつれることが多かった鈴木もよいところが出てきた。

結局、松下のフリーキックと羽生の完璧なクロスを平山が頭で流し込み股間を強打。とい展開でした。ペナルティーエリア内で椋原の完璧なトラップからのシュートがキーパーの正面だったのは残念でした。

見学時に練習していた。松下のフリーキックやミドル。羽生から平山へのクロス。など練習していたことがそのまま結果につながった試合でした。


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す