カテゴリー別アーカイブ: 試合観戦記

FC東京 2-1 仙台

仙台 1-2 FC東京

勢いもあり、良い時間に得点できた試合でした。

仙台は三人で押し込んで、

img1

一人遅れて入ってきて、そのマークもブロック

img2

ニアでフリーを作り、得点。

かなり考えらえた得点です。しかし、すぐに東京も考えられたフリーキックで得点します。

img3

サイドで3対3の同数で、リスク管理の米本。

img4

ゴール前も3対3。
仙台の横並びのボランチの位置がおかしい。形だけのゾーンディフェンス。

img5

仙台の攻撃時の東京のブロック。
仙台の選手が最前線に一人もいない。あまり怖くなかったのはこういうところ。

img6 

東京の攻撃。最前線に同数で攻撃。
仙台のばいたる空けすぎのソーンディフェンス。緩いブロック。

img7

仙台、最後のパワープレー。
ファーサイドで数的不利。水沼ではなく吉本だったら、もう一人ボールに行けたところ。
こぼれ球は1.5人で良い。

img8



去年より勝ちきれない試合は増えそうだけど、得点は増えるんじゃないかと期待します。

にほんブログ村 FC東京

ACL FC東京3-1ビン・ズオン 敵が弱かったことを考慮しても収穫の多い試合

FC東京 3-1 ビン・ズオン

疲れの影響なのか徳永、水沼、森重のパフォーマンスは最低レベルでした。
身体が動かないだけではなく、判断も大きく間違う場面が目立ちました。

失点は、その3人の右サイドでミスが重なり起こりました。

2トップのバーンズとサンダサは仕上がりがいまいちな感じでしたが、厳しいところに厳しいボールを入れようとしていたし、監督が「戦術理解が低い」と切り捨てたりしなければ、時間がたてば戦力になってくるような気がしました。

ボランチの高橋と田辺のところは、高橋と田辺の角度がいまいちな場面が多く、ボランチが個別にスピードを上げれてる場面はあるけど、連動してスピードアップで来ている場面が少なかったので、これからに期待です。
ディフェンスラインが下がりすぎて中盤が間延びする場面が結構多かったけど、高橋が一人で時間を作ったり、スペースを埋めたりしていた。さらにアンカーの位置から出せるパスの種類が増えていたりと成長を感じました。

小川は攻撃面でセンターリングの種類が豊富で良さを見せていたけど、守備の強度が低すぎる。自信を持てば一定まで格段に上がる部分ではあるので、太田の守備を我慢したように、チームとして我慢することもできなければならないと思う。

駒野が怪我で、森重の調子が上がらない以上、ボランチは高橋と米本にして森重と小川の守備負担を減らしつつ、攻撃はボール奪取からのショートカウンター主体としたほうが良いと思う。阿部や水沼のプレースタイルにもあっています。

敵が弱かったことを考慮しても収穫の多い試合でした。

週末のJリーグで同じ間違いを繰り返すなら、かける言葉はないけれど。

にほんブログ村 FC東京

FC東京 0-1 大宮アルディージャ 選手配置の迷走は思い出深い

FC東京 0-1 大宮アルディージャ

ACLで力負けして、Jリーグの初戦。

城副監督 ACL後のコメント

やはりチーム全体でコンパクトに守り続けないとなかなか厳しい相手だと思いました。

・なぜ、守備で足を止め、ブロックを作れない幸野を使ったのか。小平の練習試合で若手を率いる高橋は身体も動いていたし、怪我でもなかった。

城副監督 試合後のコメント

引いた相手をどう攻めるかが突き付けられている課題。

早く攻めないんだったら、敵はブロックを作るのは当たり前、そして、それを崩せる戦術があるから早く攻めないわけで、戦術がないんだったら早く攻めるべき。

あれだけ引いた相手には幅を持って切り裂かないと苦しくなる。

右に橋本で、左に徳永。サイドを切り裂けないと素人でもわかるんですけど。

 

去年の戦い方から、ファンの守備を見る目は厳しくなっている。
選手は少しづつ毎年変わるけど、ファンはこれからもずっと変わらない。

監督はチームのレベルに合うように戦ってほしい。

ACLの疲れと選手配置の迷走で選手の運動量は落ち、サイドやゴール前、守備で人数の足りない場面が結構ありました。

次に期待です。

にほんブログ村 FC東京

チャリティーマッチ(松本山雅vsFC東京)

 

松本山雅とのチャリティーマッチ。4-0という結果以上に松本山雅は良いチームだった。個々の選手がシンプルに走り、自然とボールが動いていた。だれがどこにはしるのか、誰がどんなプレーをするのかということがチームとして理解されていたように思う。
 
FC東京はというと選手の距離感は悪くない場面が多かったけど、ボールを保持している場面での連動性が低く、ボールを持っている選手が孤立する場面が見られた。
 
サイドでなかなか起点を作れない中で、ボランチに米本のような運動量のある選手がいないのは苦しい。
 
ただ、上里はボールによく絡んでいたし、質の高いボールを配給していた。上がったときのポジショニングも悪くないし、もう少し横のうごきを多くできるようになってくると米本と上里という選択も期待できる。
 
チームとしてなかなかビジョンを示せていないということは、残念な所ではある。ただ、人がいないのもあるけど、谷澤や鈴木、羽入を使っているというところが大熊監督の方向性なのかもしれない。それはそれでかなりおもしろそうだ。
にほんブログ村 FC東京

味スタゴール裏ソシオ日記「vsヴィッセル神戸」

FC東京は前線にリカと大黒を配置。

相手のビルドアップに影響を与えるプレスと後ろで奪ったボールは基本的に大黒に当ててリカが裏を狙う感じ。
中盤に左から羽生徳永梶山大竹。
守備はブロックでそこそこ昨日してるように見えるけど埋めてるだけで読みがないから間にFWが降りてきたりしても見ていないしここが大問題!
ビルドアップの面で梶山、大竹が間に入って叩いてリズムを作る動きでCBを助ける。

前半の内容
攻撃面で大黒が少しポスト出来てる感じ、時間立つにつれてリカと大黒にボールが収まらず尻すぼみ
ビルドアップは相手がまったくプレスに来ないので余裕、
神戸は都倉が何も出来ない。CBとボランチがプレスに戸惑うのと前線が動かないとで奪われる形が悪い。

羽生をボランチにするしかない。ただ押し込まれたときに羽生のフィジカルでは、押し込まれたときにボランチがCBまで降りてきたときに問題が生まれる。

にほんブログ村 FC東京