FC東京3-2名古屋 打ち合いになりながらも東京が押し勝った試合


FC東京3-2名古屋

東京は丁寧すぎて、名古屋は中盤が間延びする。結果、打ち合いになりながらも東京が押し勝った試合でした。
ハデソンのパスは丁寧で的確で鮮やかでした。守備は少し遅いかなという印象。橋本との使い分けをうまく出来ればいいかな。

名古屋のサイドハーフは守備意識が低く、ロングボールに対して東京が優位な体制になっている。

img4

ボール奪取からの場面。
名古屋のサイドハーフのポジションが悪く。中央に大きなスペースが空いている。
上手くこういうところを使いたかったが、東京のボールを奪ってからの選手の距離感が悪い。
米本がいるからボールを奪えるが、全体として、奪うことと攻撃することが連動していない。

img3

スペースもあり、サイドを崩す展開だけど、選手の配置を見ると時間を作って押し上げることができればOKな感じ。
前田は大外で待機していて、前に人がいない。
米本がスペースを使うことが多かったけど、そればかりでは守備が不安になる。

img2

サイドを崩されたパターン。

img1

前田が良い位置で前を向くがゴールに向かえない。

img6

サイドに4人かけているけど、中央に2人。
もう少し、敵にとって厳しい位置に選手を増やしたい。

img5


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す