鹿島 2-0 FC東京 チームの成熟度なのか、監督のレベルの差なのか?


鹿島 2-0 FC東京

数年勝ってないらしい鹿島スタジアム。
悪いところを見せながらも結果を積み上げてきて、真価を図る一戦。

FC東京は、ボランチがガンガン前に出て、FWが作ったスペースを使ってチャンスを作る。
橋本は決定機を掴めるけど、決めきれない。期待感はある。

img1

鹿島は、センターバック2人がビルドアップできないので、柴崎を下げてビルドアップ。
ここを潰せないとサイドの厳しいところまで運ばれてしまう。
前田と東で個々のプレスは良いけど、連動できていない。チームとしての狙いどころ、止めどころが見えてこない。

img2

東だけがスピードを上げているだけなので、チームとしては、バランスを崩しているだけ。

img7

柴崎のビルドアップから高い位置でスローインを取り、サイドからのパスでFWがセンターバックの横のスペースを奪う。
チームとしての形だからこそ、崩す前に中の配置ができている。
小川のところでヘッドのある鈴木優磨。そこを超えてもサイドバックが準備している。

img3

結果は、鈴木優磨のヘッドが外れて助かるが、チームの成熟度なのか、監督のレベルの差なのか?

img4

一方、東京はサイドで米本の単独突破で、中は東vs昌子源と前田vs植田とマークにつかれたソウタン。
工夫がなければなかなか崩せない形。
スピードもひとつの戦術ではあるけど、個々にやってるうちは敵のミスを待つだけになる。

img5

3対3で簡単に奪われる。
この優位な位置でどのように崩すのか。ここでの戦術を作れないと優勝は無理。
キャンプでつくれないものなのか。

img6

2点目の失点シーン。梶山が丸山の位置でサイドのカバーに入るか、中央のラインに入るかすべき場面。
河野は前田の横のスペースを使えていたし、平山が入ってさらにターゲットがはっきりした。
梶山が入り、戦い方がブレだし、戦術的でないショートパスをカットされる場面は増え、守備は悪くなった。

img8

勝ち点1を取れた試合でした。

平山は阿部や中島との相性がよさそうな気がする。
水沼は使える状態には無さそう。


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す