ACL FC東京3-1ビン・ズオン 敵が弱かったことを考慮しても収穫の多い試合


FC東京 3-1 ビン・ズオン

疲れの影響なのか徳永、水沼、森重のパフォーマンスは最低レベルでした。
身体が動かないだけではなく、判断も大きく間違う場面が目立ちました。

失点は、その3人の右サイドでミスが重なり起こりました。

2トップのバーンズとサンダサは仕上がりがいまいちな感じでしたが、厳しいところに厳しいボールを入れようとしていたし、監督が「戦術理解が低い」と切り捨てたりしなければ、時間がたてば戦力になってくるような気がしました。

ボランチの高橋と田辺のところは、高橋と田辺の角度がいまいちな場面が多く、ボランチが個別にスピードを上げれてる場面はあるけど、連動してスピードアップで来ている場面が少なかったので、これからに期待です。
ディフェンスラインが下がりすぎて中盤が間延びする場面が結構多かったけど、高橋が一人で時間を作ったり、スペースを埋めたりしていた。さらにアンカーの位置から出せるパスの種類が増えていたりと成長を感じました。

小川は攻撃面でセンターリングの種類が豊富で良さを見せていたけど、守備の強度が低すぎる。自信を持てば一定まで格段に上がる部分ではあるので、太田の守備を我慢したように、チームとして我慢することもできなければならないと思う。

駒野が怪我で、森重の調子が上がらない以上、ボランチは高橋と米本にして森重と小川の守備負担を減らしつつ、攻撃はボール奪取からのショートカウンター主体としたほうが良いと思う。阿部や水沼のプレースタイルにもあっています。

敵が弱かったことを考慮しても収穫の多い試合でした。

週末のJリーグで同じ間違いを繰り返すなら、かける言葉はないけれど。


にほんブログ村 FC東京

匿名 にコメントする コメントをキャンセル