FC東京 0-1 大宮アルディージャ 選手配置の迷走は思い出深い


FC東京 0-1 大宮アルディージャ

ACLで力負けして、Jリーグの初戦。

城副監督 ACL後のコメント

やはりチーム全体でコンパクトに守り続けないとなかなか厳しい相手だと思いました。

・なぜ、守備で足を止め、ブロックを作れない幸野を使ったのか。小平の練習試合で若手を率いる高橋は身体も動いていたし、怪我でもなかった。

城副監督 試合後のコメント

引いた相手をどう攻めるかが突き付けられている課題。

早く攻めないんだったら、敵はブロックを作るのは当たり前、そして、それを崩せる戦術があるから早く攻めないわけで、戦術がないんだったら早く攻めるべき。

あれだけ引いた相手には幅を持って切り裂かないと苦しくなる。

右に橋本で、左に徳永。サイドを切り裂けないと素人でもわかるんですけど。

 

去年の戦い方から、ファンの守備を見る目は厳しくなっている。
選手は少しづつ毎年変わるけど、ファンはこれからもずっと変わらない。

監督はチームのレベルに合うように戦ってほしい。

ACLの疲れと選手配置の迷走で選手の運動量は落ち、サイドやゴール前、守備で人数の足りない場面が結構ありました。

次に期待です。


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す