[対戦相手分析]vsセレッソ大阪


 

次の対戦相手のセレッソ大阪は前節、ヴァンフォーレ甲府と戦い2-1で勝っている。攻撃面でのチームの連携が高いように見えた。

セレッソ大阪の基本的な攻撃パターンと守備の危ない場面のまとめ。

1.杉本と柿谷の2人で突破

杉本のドリブルから柿谷とワンツー、さらにドリブルで時間を作り、ディフェンスラインの隙間に走り込んだ柿谷にスルーパス。

ドリブルで運べる選手が多いのと2人目、3人目の中盤がディフェンスラインの隙間に突っ込んでくる。

2.サイドバックの軽い守備からファーにセンターリング、それを中央に落とされ、真ん中から決められる。

サイドバックも攻撃的な分、守備が弱いのでそこは狙い目。

3.後半から怒涛のコンビネーション攻撃(背番号は正しくない)

ボランチからサイドバック、そして、トップ下、フォワードと流れるようなコンビネーション攻撃。パスを出したボランチがそのまま攻撃参加し、フォワードのシュートにまでつなげている。ほとんどの選手が攻撃で連動して先に動いているので、ディフェンスは一歩づつ遅れてしまう。

中盤のスペースを消していけばミスも出るし、カウンターへの備えができていなかったりするので、奪えればチャンスでもある。

4.中盤に縦パスが出て、そこからドリブルしてからの連携。

5.ポストプレーから次々に後ろの選手が前線に飛び出してくる攻撃

飛び出してくる選手をおとりとして、スペースに開いている選手へパス。こぼれ球に飛び出してる選手が反応する。

Jリーグではあまりない超攻撃的な戦い方だと思う。山口蛍の飛び出しに注意。

 


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す