鈴木 達也


2011年

前年の怪我から復帰。先発で使われることは少なかったけど、戦術理解度が高く、縦や横に敵ディフェンスラインを広げることで、羽生やルーカスにスペースを与えるなど、FC東京の攻撃の質を上げていた選手の一人だった。

また、ディフェンス時のポジショニングや連動した守備などディフェンス面での貢献は目を見張るものがある。足の止まってきた中盤や前線に投入して閉めの働きをさせたら鈴木を超える選手はいない。

得点力が高くなく、不満を持たれやすいが、城福→大熊という流れでしっかりと戦力として機能した有能な選手。鈴木の怪我がなければ降格することもなかった。

小平では、紅白戦などで若手などの意識の低いプレーや敵の大学生などの無茶なプレーを注意するなどベテランらしい良い効果も与えていた。

2012年、徳島へ移籍。この選手に代わる選手が見当たらない。

 

生年月日 1982年8月1日(29歳)
出身 神奈川県
身長/体重 171cm/68kg
血 液 型 O型

2列目のアタッキングゾーンを縦横無尽に駆け、思い切りのよいシュートやドリブルで攻撃をしかける。


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す