高橋秀人と米本拓司


FC東京には高橋秀人と米本拓司という二人のボール奪取に優れたボランチがいる。

1年目に圧倒的な能力を見せつけて活躍した米本は代表にも呼ばれたし、チームに欠かすことのできない選手となっていた。

米本の2年間の空白は、チームをどん底まで落としてしまったけど、その苦境をチャンスとして生かした高橋の成長抜きでは現在のFC東京を語ることはできない。

敵の多くの攻撃は高橋に引き寄せられ、カウンターへと変えられる。多くのハイボールは比較的低身長のCBの前ではじき返される。正確で力強いミドルシュートにも警戒しなくてはならない。課題のボールさばきにもまだまだミスがでるものの解決策を見いだしつつある。

いつしか「米本がいれば」という声は聞かれなくなった。

来年は、その2人がフィールドに並び立つことがきっとある。その時に、城福が志向し、大熊が気持ちを入れたFC東京のサッカーが1つの完成形を見せるのではないかと思った。


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す