田辺と高橋の成長を期待する


これまでとは違いfc東京はパス回しがうまくいっていなかった。原因はボランチやキーパーにボールが入った時などのノースのポジショニングが悪く、ディフェンスラインでボールを回せなかったということがあると思う。

そして、それが原因なのか田辺が高い位置にポジションを取り過ぎる場面が目立ち、梶山とのパス交換からゲームを作るという最近の良いパターンがあまり生まれなかった。

確認が必要だが、ディフェンスラインでボールを回して時間を作りつつ前線が良いポジションを作るということをこれまでやっていたのにそれができなかった可能性がある。

まずは、田辺の開始位置を下げるなどして、そこから修正してもよかったんじゃないかと思う。交代とかはあり得ない。

そして、大竹。ボールタッチが多すぎて流れを止めている場面が多い。セザーのトップ下の位置でゴールに集中させた方がいいんじゃないかと思う。

石川はまだまだ足にボールが付いていない。あの場面で石川のような気持ちを出してくれる選手を出して、また怪我でもさせたらどうするんだろう。怪我しないように選手を使ってほしい。

敵はうまく田辺のサイドを使って攻撃してきていたと思う。セザーがあの位置で守備をしているようでは奪ったとしてもカウンターが期待できない。簡単につける穴だったのか、かなり研究した成果だったのか。

高橋が反省点を意識してプレーしていたのは希望だと思う。まだミスも多いけど、このシーズンは田辺と高橋の成長にかかっていると思う。


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す