【名将】になりつつある大熊監督の言葉?


意味不明と言われた試合後の大熊監督の言葉を勝手に解釈してみた。間違っていたらごめんなさい。

良い面、悪い面とあった試合だったけど、勝手に解釈してみると来週も楽しい試合が見れそうだと思う。もしかして【名将】になりつつあるかもしれない。たぶん今一番成長しているのは監督だ。

「点がたくさん入ったという点では良かったけど、攻撃の起点でもあるボールを奪うところでうまくいっていなかった。

オンザボールでうまい選手をそろえているので、敵のプレスが緩い時はボールを回せるが、そうでないときはあまり良くなかった。そして、ディフェンス面で軽いディフェンスも多く、徳永が高橋に変わったことでさらにあたりが弱くなり、守備面で中盤のポジショニングも少し悪くなった。

攻撃面を維持しつつ、この守備面を改善するのが次の課題だ。

前は縦ポンサッカーをやろうとしていたけど、TOPが怪我したということとセザーが良くなってきたということがあり、それに合わせて中盤の構成と戦い方を変えたことが結果につながっている。臨機応変に戦うことが私はできる。

こんな弱い敵と戦うことはそうない。これからの厳しい試合では守備と勝ち切るという力をさらにつけないと、まだまだ難しいと思う。

今はけが人が多いので選択肢がなくてこの方向性で戦っているけど、これからけが人が戻ってきて、そいつらが出るようになると今のままの戦い方ではないと思う。ただ使える若手が増えたことは長いシーズンなのでうれしい。

徳永をサイドバックで使ったけど、高橋のところがやられ過ぎで、やはり徳永でなくてはダメかもしれない。ただ、点を取らなくてはならないので、我慢と勇気と決断で高橋を使って行くなかでチャレンジしていってもらうしかない。

J2は守備の意識が高いので、羽生などに裏を狙わせたり、セザーなどの中央突破や徳永などのサイドからの攻撃というようなバリエーションが大事になる。」by大熊?


にほんブログ村 FC東京

【名将】になりつつある大熊監督の言葉?」への2件のフィードバック

コメントを残す