大熊の中の人


湘南戦の前半は多くの人が評価してもよいという内容だったと思う。

羽生をワントップ気味にして、前線で動きを出し、田辺・梶山と今野・森重がテンポ良くボールを動かし、よい形を作れていた。

セザーはやるべきことを理解したのか、いつになく運動量も多く、激しくプレスをかける場面も見せてくれた。そして、ドリブル突破などの能力を発揮した。

羽生をFWで使い、セザーをトップ下で使い、田辺でパスサッカーをする。そんな大熊を知らない。

ポゼッションを志向し、連動をあげ、アタッカーをうまく使う。そんな城福を大熊の中に見た。

「放り込め、放り込め」と叫び、大事な場面で前田を使い続けた大熊とは中身が違うようだった。ハーフタイムからいつもの大熊だったようだけど、京都ではどんな大熊なんだろうか。


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す