チャリティーマッチ(松本山雅vsFC東京)


 

松本山雅とのチャリティーマッチ。4-0という結果以上に松本山雅は良いチームだった。個々の選手がシンプルに走り、自然とボールが動いていた。だれがどこにはしるのか、誰がどんなプレーをするのかということがチームとして理解されていたように思う。
 
FC東京はというと選手の距離感は悪くない場面が多かったけど、ボールを保持している場面での連動性が低く、ボールを持っている選手が孤立する場面が見られた。
 
サイドでなかなか起点を作れない中で、ボランチに米本のような運動量のある選手がいないのは苦しい。
 
ただ、上里はボールによく絡んでいたし、質の高いボールを配給していた。上がったときのポジショニングも悪くないし、もう少し横のうごきを多くできるようになってくると米本と上里という選択も期待できる。
 
チームとしてなかなかビジョンを示せていないということは、残念な所ではある。ただ、人がいないのもあるけど、谷澤や鈴木、羽入を使っているというところが大熊監督の方向性なのかもしれない。それはそれでかなりおもしろそうだ。

にほんブログ村 FC東京

コメントを残す