練習試合「FC東京vs筑波大学」


猛暑の中、練習試合。

森重と徳永が別メニューということで、選手の配置の意図を勝手に考えてみる。

1本目
リカ、大黒
羽生、、大竹
梶山、高橋
松下、ヨングン、今野、北斗
塩田

高橋をボランチで使うことから、梶山の相方としてのボランチはある程度のフィジカルというか背の高さがあることが条件か、ヨングンの左SBに大きな不満があるようだ。

松下北斗のボランチはないということで、田邊も梶山の代わりでしかないということが序列的に決まっているんだと思う。

今までの流れなら
リカ、大黒
松下、大竹
梶山、羽生
ヨングン、高橋、今野、北斗
塩田

となるところだけど、攻撃面で羽生は欠かせないということなんだと思います。

次の相手が湘南ということで、攻撃面から選手の配置を考えているように感じる。

高橋は賢い選手だけどスピードがないので、梶山と高橋で広範囲をカバーリングできるだろうか。それでも使うのならずっと高橋で良いような気がする。


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す