FC東京vs中央大学(小平練習試合)


たぶん1本目の途中から観戦。平日にしては観客が多かった。

平山 大黒
大竹 鈴木
田邊 徳永
北斗 平出 ヨングン 松下
塩田

平山の落しから大黒の抜け出しや北斗のセンターリングから平山などよいところもあったけど、オフサイドポジションで駆け引き中の大黒へ大竹がパスしてオフサイドなど、まだ慣れていないところも見られた。

大黒がプレスのかけ方を指示していたり、まだ、連携して追い込むようなことは出来ていませんでした。

徳永の筋肉が増えていたような。

鈴木のプレーの厳しさはいつもだけど、すごく意識の高さを感じさせられる。

2本目
赤嶺 リカルジーニョ
羽生 重松
幸野 梶山
ユース 高橋 森重 椋原

梶山は軽めだったのか。幸野は積極的に前線に行くけど戻りが遅い、よいプレーも悪いプレーもあったけど成長を感じさせてくれた。高橋が楔への対応で森重に注意されていた。

リカルジーニョは羽生のことを「ハニューさ~ん」と読んでいたのがなぜかほほえましかった。

3本目は見れなかった。


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す