岡田サッカーと城福サッカー


岡田監督のサッカーで日本はカメルーンに勝利した。

エルゴラッソ875号のヘッドラインコラム「笑顔を呼ぶ敢闘」より。
“”そもそも岡田サッカーとはこれだったのだ。相手の長所を消し、前半から意図的に”グダグダな試合”へ持ち込んで、FWの一発を待つ。これで日本一になった
のだ。”日本人らしいサッカー”という幻想を現実化するという意味での適性はない。だが、この短期間の練習で、急造布陣をここまで形にした手腕は、素直に
讃えられるべきだ。”"

弱いほうが勝つためには、やらなければならない戦い方だったかもしれない。

城福監督だったならどのように戦っていただろうか。

まったく違う戦い方を選んでいたのではないかと思う。


にほんブログ村 FC東京

コメントを残す